Knot(ノット)とUNDONE(アンダーン)違いを比較【腕時計カスタムオーダー】

KnotとUNDONE カスタマイズ

カスタマイズ腕時計の人気ブランド・『knot(ノット)』と『UNDONE(アンダーン)』の違いは何?比較しました!

knot(ノット)もUNDONE(アンダーン)もカスタムオーダーできる点が最大の特徴ですが、カスタマイズの自由度やデザインの傾向、サイズ、価格などに違いがあります。

カスタマイズ腕時計を買う!と決めたからには、とことん自分スタイルの1本を作りたいですよね。

どちらが自分の好みやニーズに合っているか、是非参考にしてください!

【KnotとUNDONEの違い比較・1】カスタマイズ性

KnotとUNDONEの、カスタマイズできるパーツを比較してみました。

Knot
カスタム画面
・時計本体(ケース・文字盤)
・ストラップベルト
・バックルカラー基本はこの3か所。
一部店舗にて、「フルカスタマイズオーダー」として別料金(3,000円~)で針やリューズもカスタム可能。
UNDONE
アンダーンカスタム画面
・ケース
・文字盤
・時針/分針
・クロノグラフ秒針
・ベルト
・ケースバック

UNDONEはKnotよりかなり細かくカスタマイズが可能です。
針が選べるだけでなく、時針分針とクロノグラフ秒針まで別々に指定できるという細かさです。

Knotも別料金でフルカスタマイズオーダーを受け付けていますが、対応できるのは3店舗に限られており、オンラインでは標準カスタマイズしかできません。

【KnotとUNDONEの違い比較・2】価格

Knot クオーツ・・・19,440円~
機械式・・・58,320円
UNDONE クオーツ・・・31,800円~
機械式ダイバーズウォッチ・・・57,000円~

両ブランドとも主力はクオーツ腕時計ですが、Knotは1万円台から購入できます。

機械式の方は機能が大きく違うため単純に比較はできませんがほぼ同額。
UNDONEは防水性に優れた本格的なダイバーズウォッチなので、コストパフォーマンスはUNDONEの方が高そうです。

【KnotとUNDONEの違い比較・3】サイズ・ストラップベルト幅

Knot ケース幅:32mm~40mm
ストラップ幅:18mm
UNDONE ケース幅:40mm/45mm
ストラップ幅:20mm/22mm

全体的にUNDONEが大きくなっています。
Knotの最大サイズがUNDONEの最小サイズです。

【KnotとUNDONEの違い比較・4】メンズ/レディース

Knot メンズ 
レディース 
UNDONE メンズ 
レディース △

Knotは幅32mmから用意されており、文字盤も女性向けらしいカラーが揃っています。

一方UNDONEはケース幅は小さいものでも40mmで大きく、文字盤のデザインもほぼ男性向け・男女兼用となっています。

女性向けモデルを展開しているとは言い難いですが、ストラップベルトの合わせ方で女性ものらしくアレンジすることは可能ですし、マニッシュで大きめな腕時計を女性が着けるのがトレンドではあります。

【KnotとUNDONEの違い比較・5】デザインの傾向

Knot
時計本体はシンプル・ベーシック。
ストラップベルトに関しては、ベーシックなものから個性的なものまで揃う。KnotテーブルKnotストラップ
UNDONE
主力シリーズの「Urban Vintage」はヴィンテージ時計のオマージュ。
ロレックスの「KILLY(キリー)」がモデルとなったデザイン(左端)が人気。
シンプルなデザインの「Modern」シリーズもある。ヴィンテージ

【KnotとUNDONEの違い比較・6】刻印・デザインプリントサービス

Knot
ケース裏の既定の位置に、10文字以内で刻印可能。
価格:1点2,000円、2点3,000円、3点以上は1点につき1,000円刻印
UNDONE
ケース裏と文字盤に文字入れ可能。
文字だけでなく画像データを送って画像をプリントすることもできる。
価格:2,400円文字入れ

文字入れについてはUNDONEのサービスが圧倒的に充実しています。

Knotはケース裏の決まった位置に刻印できるのみであるのに対し、UNDONEはケース裏だけでなく文字盤にも文字を追加でき、画像やマークを入れることまでできるので、デザインのアレンジにもなります。

【KnotとUNDONEの違い比較・7】注文から出荷までの期間・納期

Knot 午前10時までの注文:1~2営業日以内
午前10時以降の注文::2~3営業日以内
UNDONE 2~3週間

Knotが圧倒的に早いです。

Knotはベルト・バックルと組み合わせるのみ、UNDONEは内部の組み立てを伴うので、所要時間が違うのは当然ではありますね。

【KnotとUNDONEの違い比較・8】ギフトラッピング対応

Knot
無料の巾着ギフトバックと、有料のギフトボックスがある。

Knotラッピング

UNDONE
ラッピングサービスは無いが、ロゴ入りの丈夫なケースに入れられている。

UNDONEケース

ラッピングサービスはKnotが充実しています。

ただ、UNDONEのUrbanというシリーズの時計が入れられてくるボックスは、布張りに本革のベロ付きでとてもスタイリッシュです。

「ギフトラッピング」ではありませんが、UNDONEの方が高級感はあります。

【KnotとUNDONEの違い比較・9】試着・実店舗

Knot 直営店であるギャラリーショップ・・・9店舗
取扱店舗・・・50店舗以上Knot店舗
UNDONE 直営店・・・無し
取扱店舗・・・約30店舗

Knotは実際に手に取ってデザインを考える時間を楽しむことも重視しており、実店舗を国内外に次々オープンしています。

UNDONEは直営店を持たないことでコストカットし、高品質な腕時計を低価格で提供することに努めているため、セレクトショップなど取扱店舗の拡大に注力しています。

いずれも店舗で実物を見ることはできますが、取扱店舗では見られるアイテム数が限られてしまいブランド直属のスタッフもいないため、自社店舗を持つKnotの方に軍配が上がります。

Knot(ノット)がおすすめなのはこんな人!【KnotとUNDONE比較】

KnotとUNDONEの違いを踏まえて、
「Knotの方がオススメなのはこんな人」
という項目を挙げてみました!

  • すぐに手に入れたい人
  • 手に取って実物でカスタマイズして選びたい人
  • 予算がキビシイ人
  • 薄くて軽い腕時計がいい人
  • 女性らしいデザインの腕時計が欲しい人

UNDONE(アンダーン)がおすすめなのはこんな人!【KnotとUNDONE比較】

では次は、KnotとUNDONEの違いを踏まえて、
「UNDONEの方がオススメなのはこんな人」
という項目を挙げてみました!

  • フルカスタマイズ腕時計が欲しい人
  • ヴィンテージ時計や高級ブランド時計に憧れがある人
  • 防水性に優れたダイバーズウォッチが欲しい人
  • 文字やオリジナル画像を入れたい人

【KnotとUNDONEの違い比較】まとめ

KnotとUNDONE、それぞれに特徴やブランドのポリシーがあり、どこを重視するかでどちらが向いているかが決まりそうです。

リーズナブルな価格で気軽に色んなデザインを楽しめるKnotと、とことんオリジナルデザインを追求し、自分だけの究極の1本を作れるUNDONE。
というところでしょうか。

UNDONE(アンダーン)腕時計の口コミ・評判やおすすめカスタマイズはこちら

Knotでカスタマイズ腕時計の楽しさに目覚めたら、次はUNDONEで本格的なフルカスタムに挑戦するのもいいかも!?

コメント